歯の黄ばみをどうにかしたい!気をつけるべきこと

歯の黄ばみをどうにかしたい!気をつけるべきことと日常生活の中で可能なケアは?

笑ったときに白い歯が見えると、相手に良い印象を抱きますよね?それだけ歯は見た目の中でも大事な要素です。歯が黄ばむ原因の多くは日常生活の中にあります。そこで今回は歯の黄ばみを防ぐために日常生活で気をつけるべきことと、ケアを紹介します、

 

気をつけるべきこと

 

歯は外側のエナメル質が内側の象牙質に覆い被さって構成されています。象牙質の色が変化したり、飲食物などによる色素がエナメル質の内部にまで浸透したことや、エナメル質の表面に色素が付着することで黄ばみになります。

 

色素の付着を防ぐには、以下のことに気をつけるといいでしょう。

 

@色素の強い飲食物を減らす

 

有名なのはコーヒーや赤ワインですが、カテキン、ポリフェノールそしてタンニンの含まれている飲み物は色素が歯に付着しやすいんですね。

 

食べ物ではソースやケチャップ、カレーやチョコレートなどの色の濃い食べ物や、ニンニクやネギなどの硫黄が多く含まれる野菜も黄ばみの原因になります。

 

A歯磨きを丁寧にする

 

特に歯並びの悪い人は、なんとなく表面を磨くだけでは汚れを落とすことができません。歯と歯の間を磨かないと食べかすが残り、歯垢になります。その歯垢は時間が経つと歯石になり、その歯石が食べ物などで黄ばむと一層歯を汚く見せてしまいます。

 

B喫煙を止める

 

タバコのヤニも歯を黄ばませてしまう原因です。喫煙している人は歯をきれいに見せるためだけではなく、健康のためにも吸うのを止めた方がいいかも?

 

どんなケアをすればいい?

 

日常生活でできるケアは次の3つです。

 

@唾液で歯を磨き、水で口をすすぐ

 

口の中が潤っていると、歯の表面が常に洗われて状態になります。歯をすぐに磨けないときは、舌を使って歯の表面をなでるといいでしょう。

 

また、色の濃い飲食物を口にした後は、口をすすぐと色素の定着を軽減することができます。

 

Aホワイトニング歯磨き粉で磨く

 

すでに付着した色素を落とすために、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うのもいいでしょう。ただし、使い方を間違えると逆効果になることも。正しい使い方を確認してから、磨くようにしましょう。

 

Bホワイトニングスポンジを使う

 

即効性を得たいときは、ホワイトニングができるスポンジを使うのもいいかもしれません。歯の表面を擦ることで、使わないよりは白くすることができるかも?

 

日常生活で意識をすれば、色素の沈着をある程度防ぐことができます。もし変化がない場合、象牙質が黄ばんでいる可能性が。その場合は歯科医院などでプロのホワイトニングを受けるという方法をためすのもいいかもしれませんね。