髪の乾燥対策

髪の乾燥を防ぐにはドライヤーの使い方が大事!正しい乾かし方で美髪を目指そう!

冬の乾燥はお肌だけではなく、髪にとっても大敵です。静電気も発生しやすく、髪へのダメージが加速してしまいます。けれども、髪の乾かし方を変えると、いつものシャンプーを使っていても乾燥なしの、さらさらな髪に仕上げることができます。

 

正しい髪の乾かし方

 

@タオルドライをする

 

ドライヤーをあてる前に、タオルで水分をある程度取り除きましょう。その方が乾きやすくなり、熱をあてる時間が減るため、髪へのダメージも減らすことができます。ただしタオルでゴシゴシと拭くことはやめましょう。摩擦で返ってダメージを受けてしまうので、髪をタオルにはさみ、軽く叩くようにしましょう。

 

A根元から乾かす

 

根元から乾かすことで、時短になり、ボリュームを出すこともできます。頭を下げるとトップも自然に下がりますね。そうすると乾かしづらいトップの根元にもドライヤーをあてやすくなります。

 

B高温の風をあて過ぎない

 

高温の風は髪へのダメージにつながります。ショートヘアなら5分、ロングヘアでも長くてせいぜい10分以内に終わらせるようにしましょう。また、ドライヤーは髪から20cnほど離して使うようにしましょう。

 

ダメージが気になる人はドライヤーの風を低温に設定して使いましょう。乾くのに時間がかかりますが、髪へのダメージは高温の風よりもグッと減らせます。

 

Cトリートメントを使う

 

洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使用するのも、乾燥を防ぐために有効です。

 

椿油、あんず油などの天然のオイルがありますが、熱から髪を守ってくれるのでおすすめです。

 

D冷風をあてて仕上げ

 

髪の表面は、キューティクルと呼ばれるウロコ状になっています。キューティクルは外部からのダメージを防ぎ、内部の水分を保つという役割を果しています。

 

このキューティクルが濡れて開いたままだと、髪の水分が逃げてしまいます。仕上げに冷風をあてて、キューティクルを引き締めることで、乾燥を防ぐことができます。

 

髪を乾かさないことは乾燥するだけではなく、雑菌が繁殖しやすくなります。そのため、嫌な臭いの元や頭皮のかゆみにもつながる可能性があります。

 

特別なことをしなくても、ドライヤーをきちんと行うだけで髪の乾燥を防ぐことができます。それでも乾燥してしまう人は、普段の生活を見直してみましょう。パーマやカラーをしばらく控える、髪を作る栄養のあるものを食べる、睡眠をきちんと取るといったことを心掛けましょう。