りんご

りんごの美容効果はこんなにもすごい!皮まで美味しく食べれば美白効果が!?

りんごは実も皮も栄養豊富な果物だということをご存知でしたでしょうか?「りんごを食べると医者いらず」なんて言葉があるくらいで、病気の予防に役立つだけではなく、女性にうれしい美容効果も期待できるんですね。そこで今回はりんごの美容効果と、食べやすい方法を紹介します。

 

リンゴポリフェノール

 

赤ワインやカカオに抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれていることは良く知られていますが、実はりんごにも多く含まれています。リンゴポリフェノールは りんごに含まれる様々なポリフェノールの総称で、実よりも皮に多く含まれているんですね。しかも、他の食物と比べても高い抗酸化力をもっているという魅力も。

 

このリンゴポリフェノールはシミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えてくれるます。また、紫外線をカットする作用もあるので、美白効果も期待できます。

 

ペクチン

 

ペクチンは食物繊維の1つで、こちらもりんごの皮に含まれています。腸内を刺激し、整腸作用を促すため、便秘の改善やお腹を下しているときに抑える効果が。また、大腸がんの予防にもなると言われています。

 

カリウム

 

カリウムは体に溜まった塩分や余計な水分を排出する働きがあります。体のむくみをとりたい人にはいいでしょう。高血圧の予防にもなると言われていますね。

 

ビタミンC

 

ほんのりとした酸味が美味しいりんごですが、ビタミンCが含まれています。美肌を作る効果のあるコラーゲンを合成するためにはビタミンCが必要とされています。

 

また、ニキビやふきでものなどの予防や改善にも効果があることでも有名ですね。

 

りんごの食べ方

 

りんごは美味しいから好きだけど、皮が苦手だったり、剥くのを面倒に感じる人もいるでしょう。そんな人におすすめな切り方が輪切りです。一般的にくし型に切ることが多いりんごですが、輪切りにすると皮の食感も抑えられ、皮を剥く手間もかかりません。皮まで栄養がたくさんあるので、残さず美味しく食べたいですね。

 

りんごに含まれるビタミンCは酸化型ビタミンCと言われ、熱に強いビタミンCなんですね。おすすめの食べ方はジャムです。パンに乗せたり、ヨーグルトに入れたりして楽しむこともできます。また、暖かい紅茶に入れても、ビタミンCが壊れる心配が少ないのもうれしい点です。

 

秋冬に特に身近になるりんごは美味しいだけではなく、美容効果も期待できる果物なんですね。生でも加熱してもOKなので、飽きずに続けて食べることができます。この秋冬はいつもより積極的にりんごを食べてみては?